Zoom Sessions イベントのキャンセルと返金


Zoom Sessions のホストは、ハブ全体の [イベント] ページからライブイベントをキャンセルできます。その場合、イベントは直ちに終了し、キャンセルされたイベントは Zoom Events から直接削除されます。 ホストは、Zoom Sessions イベント(シングル セッション イベントまたは定期的なセッション イベント)の注文をキャンセルすることができます。

また、出席者にはイベントのキャンセル メッセージが表示され、イベントのキャンセルを知らせるメール通知が届きます。 キャンセルされたイベントが有料イベントの場合は、その全額が返金されます。

この記事では、次の項目について説明します。

Zoom Sessions イベントのキャンセルと返金の前提条件

: Zoom Events と Zoom Webinars の最新機能にアクセスする場合、ホストには Zoom デスクトップ クライアントまたはモバイル アプリケーションの最新バージョンへの更新を強くお勧めします。

チケットのキャンセルと返金に関する規定を理解する方法

: 出席者には、ホストがイベントのキャンセルを受け付けている場合のみ、チケットをキャンセルできるオプションが表示されます。 ホストがイベントにチケットのキャンセル ポリシーを適用していない場合、またはキャンセル対象期間外にチケットのキャンセルが発生した場合、キャンセル申請を承認するか否かの最終決定はホストが行います。 ホストには、キャンセル申請を承認する義務はありません。

すでにチケットが販売されている有料イベントをホストがキャンセルした場合、出席者にはその全額が返金されます。

また、ホストがキャンセル申請を承認した場合も、出席者には全額が返金されます。キャンセルは、イベント開始後 1 時間以内からイベント終了後 14 日まで申請可能です。 キャンセル ポリシーの適用範囲以外の返金は、ホストの独自の裁量によります。 イベントが終了して 14 日が経過した場合、Zoom Events の利用規定の詳述に従い、イベントの返金を申請または開始することはできません。

出席者は、キャンセル ポリシーの範囲外でホストに返金を申請することができます。 キャンセル ポリシーの適用範囲以外の返金は、ホストの独自の裁量によります。 イベントが終了して 14 日が経過した後は、イベントの返金を申請または開始することはできません。

チケット購入の返金について理解する

出席者が、クレジットカードまたはデビットカードが発行された通貨と同じ通貨でイベント料金を支払い、返金を申請した場合、返金が受諾されれば、ホストがチケット料金として請求した通貨に関係なく、同じ金額が返金されます。

ホストが支払い済みの注文をキャンセルした場合、チケット代金は購入者に返金され、チケットは無効になります。 このチケットに関連して発生した手数料は、ホストに返金されません。 手数料は購入時に請求されます。その手数料は、トランザクションを処理した決済プロバイダー(Stripe または PayPal)が設定します。 この操作は元に戻せません。 さらに、ホストと出席者には注文のキャンセル メールが届きます。

キャンセル ポリシーを設定する方法

Zoom Sessions イベントのデフォルトのキャンセル ポリシーは、ハブのキャンセル ポリシー セクションで設定できます。

詳細情報については、「Setting Zoom Events cancellation policies(英語)」をご覧ください。

Zoom Sessions イベントをキャンセルする方法

  1. Zoom Events にサインインします。
  2. 左側のナビゲーション メニューで、上部にあるドロップダウンの矢印 をクリックし、[ハブ全体] を選択します。
  3. ナビゲーション メニューで、[イベント] をクリックします。
  4. [予定されているイベント] タブをクリックします。
  5. キャンセルしたいイベントの横にある省略記号 をクリックします。
  6. [キャンセル] をクリックします。
    確認ウィンドウが表示されます。
  7. 確認ウィンドウで、[イベントのキャンセル] をクリックして確定します。
    : イベントをキャンセルすると、そのイベントは Zoom Events ディレクトリから削除されます。

イベントの注文をキャンセルする方法

ホストは、無料イベントまたは有料イベントに対する登録者の注文のキャンセルを開始できます。

  1. Zoom Events にサインインします。
  2. 左側のナビゲーション メニューで、上部のドロップダウン矢印 をクリックし、[ハブ全体] を選択します。
  3. ナビゲーション メニューで、[イベント] をクリックします。
  4. [予定されているイベント] タブをクリックします。
  5. 編集するイベントの右側にある鉛筆アイコン をクリックします。
  6. Zoom Sessions イベント設定メニューで、[登録者を管理] タブにアクセスします。
  7. [注文] タブをクリックします。
  8. キャンセルする注文を見つけます。
  9. 登録の [状況] で [注文をキャンセルする] をクリックします。
    確認ウィンドウが表示されます。
  10. [登録者へのメッセージ] にある確認ウィンドウに、出席者へのメッセージを入力し、注文のキャンセルを完了させます。
  11. [注文をキャンセルする] をクリックします。

登録者の注文はすべてキャンセルされ、登録者に通知メールが送信されます。 有料イベントの場合は、全額返金処理が行われます。

出席者への返金を管理する方法

返金に同意する

  1. Zoom Sessions イベント設定メニューで、[登録管理] タブにアクセスします。
  2. [返金] タブをクリックします。
  3. 返金を希望する登録者を探し、右矢印 をクリックしてチケットの詳細を展開します。
    : 返金を申請した登録者のステータスは、[返金申請済み] になります。
  4. 展開されたビューで、以下のアクションから選択します。
    • 全額返金を完了するには、[全額返金を承認] をクリックします。
    • 一部返金を完了するには、[50% の返金を承認] をクリックします。
     
  5. 確認ダイアログ ボックスで、出席者の申請メッセージ、イベントおよび返金申請の詳細を確認します。
  6. [返金を承認] をクリックして確定します。

出席者への返金が正常に処理された場合、ホストには確認メールまたはアプリ内通知が届きます。 また [返金] ページにおける出席者の返金ステータスは、[返金中] に変わります。

返金を拒否する

  1. Zoom Sessions イベント設定メニューで、[登録管理] タブにアクセスします。
  2. [返金] タブをクリックします。
  3. 返金を希望する登録者を探し、右矢印 をクリックしてチケットの詳細を展開します。
    : 返金を申請した登録者のステータスは、[返金申請済み] になります。
  4. 展開されたビューで、[返金を拒否] をクリックします。
    確認ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. 確認ダイアログ ボックスで [返金を拒否] をクリックして確定します。

外貨で販売されたチケットを返金する方法

出席者が、販売されたチケットの代金を外国通貨で支払った場合、購入時と返金時の為替レートによって、出席者への返金額が元の金額より多くなったり少なくなったりすることがあります。

詳細情報については、Zoom Events において外貨で販売されたチケットを返金する方法をご確認ください。

定期的なセッション イベントでキャンセルと返金を行う方法

定期的なセッション イベントで、1 件以上の有料チケットを含むセッションがホストにキャンセルされた場合、キャンセルと出席者への返金は以下のようになります。

定期的なセッション イベントでセッションを削除する

ユーザーを登録したセッションを削除した場合、登録者はこれらのセッションにアクセスできなくなり、対象セッションがキャンセルされた旨の通知を受け取ります。 登録者が料金を支払ったセッションがすべてキャンセルされた場合、その登録料金はすべて返金されます。またホストは、発生した料金全額の支払い責任を負います。 一度セッションを削除すると、元に戻すことはできません。

一部返金ポリシーを利用する方法

全額返金ポリシーの適用に加えて一部返金ポリシーも適用すると、さらなるシナリオに備えて返金オプションを準備できます。 ホストは、ハブレベルとイベントレベルで一部返金ポリシーを設定できます。 ホストは状況に基づき 50% の返金を開始できます。

登録者は、1 件のイベントで注文全体における一部のチケットをキャンセルすることができます。

一部返金ポリシーを有効にすると、次のような場合に一部返金オプションを提供できるようになります。

ホストがイベント シリーズの開催回を 1 回以上キャンセルした場合、返金されるチケットの料金は自動的にユーザーに払い戻されることになります。